メインイメージ画像

コンタクトレンズの使用には利点と欠点があります

今ではメガネの代わりにコンタクトレンズを着けているという方は珍しくなくなりました。そんな一般に普及したコンタクトレンズですが、メガネと比べて利点もあれば欠点も存在しています。安心して安全にコンタクトレンズを使用するためには、利点と欠点の両者をしっかりと理解しておくことが重要ですので、以下でチェックしておきましょう。コンタクトレンズの利点は大きく2つ挙げることができます。

1つ目は、コンタクトレンズはメガネと異なり眼球の上に直接装着するものですからメガネよりも視界のブレがなく裸眼に近い自然な見え方になるということです。中でも乱視を始めとした複雑な目の障害を抱えている場合、メガネでは十分にカバーできないケースもありますが、コンタクトレンズであれば非常に良く見えるようになります。2つ目は、外見的な点です。昔からメガネを掛けることに見た目の問題で抵抗があったという人は少なくなく、コンタクトレンズの登場により視力の良い人と外見上の違いがなくなるのは人によってはとてもありがたいポイントとなっています。

また、近年ではコンタクトレンズにカラーや目を大きく見せる効果を付した商品も登場したことからオシャレとしてコンタクトレンズを利用する方も増えてきています。一方、コンタクトレンズの欠点についてですが、これは主に健康面のトラブルということになります。第一にコンタクトレンズは眼球と接触するものですから、コンタクトレンズの手入れを怠ってしまい菌などが繁殖したものを装着してしまうと炎症や病気を引き起こす要因になります。

そのため、コンタクトレンズのケアは非常に重要で必ず眼から外したら手入れをしたり、不衛生な場所には置かないといった注意が必要です。また、運動中などで眼に物理的な衝撃が加わった際、眼を傷つけてしまうというリスクも存在します。似たような例として、たびたびコンタクトレンズを着けたまま就寝してしまい眼を傷つけてしまったという方も多くみられます。