メインイメージ画像

コンタクトレンズの選び方は費用と衛生面の事を考えて選びます

今までメガネを使用してきたけれどそろそろコンタクトレンズにしてみようかと考えておられる方の疑問として、コンタクトレンズの選び方について何が正解なのかということではないかと思います。今までは目の外側にレンズを置いて視力を矯正していたものが、コンタクトレンズと直接目につけて矯正するわけですから、一番目に優しくて使い勝手の良い物を選びたいという気持ちは当然の事かと思います。コンタクトレンズを大別すると長期間使い続けられるタイプと使い捨てるタイプになりますが、現在では使い捨てるタイプの需要が高まっておりますので、初めてコンタクトレンズを使用する方にはこちらがお薦めできます。

もちろん使い捨てではないタイプのコンタクトレンズだって性能はしっかりとしておりますが、毎日コンタクトレンズの汚れを綺麗にする作業が必要となりますので、手間の掛かることはしたくないという方にはあまりしっくりと来ない可能性があります。しかし昔からコンタクトレンズを愛用されている方にとってはこちらの方が良いという意見も多いですので、一概には良し悪しを決めつけることは出来ないということです。では最近主流の使い捨てるタイプのコンタクトレンズの選び方になりますが、一回で捨てるタイプと2週間から数週間で捨てるタイプに分かれます。

コスト面で優劣を競うとなると2週間タイプに分があり、あまりコンタクトレンズに費用をかけられないという若者の方々にはこちらをお薦めできます。1回で捨てるコンタクトレンズは当然その分費用が高くなってしまいますが、目の衛生面の事を第一に考えるのでしたらこちらの方が性能が高いと言えます。

毎回レンズを替えるということになりますから、汚れや細かい傷を気にすることなく目に装着できるというメリットがあります。いずれにしてもコンタクトレンズは目に直接つけるものですので、お休みの日などには休ませるという意味でもたまにメガネにして、負担を極力軽減させるというのが正しい使い方かと思います。