メインイメージ画像

コンタクトレンズを購入する際には口コミを参照しましょう

コンタクトレンズは、視力の矯正のために装着している人もいれば、おしゃれアイテムとしてつけている人もいます。どちらの場合も、目の角膜の上にレンズをつけるわけなので、清潔なレンズを、目に負担のないようにして装着する必要があります。コンタクトレンズをつけていて、目をこすったり、長時間にわたって装着したりすることで角膜に負担がかかるようになしといけません。コンタクトレンズに慣れてくると、装着しているのを忘れてしまいついつい目をこすってしまうという人もいますが、レンズと角膜がすれて傷かついてしまうことがありますので気をつけましょう。また、つけているとよく見えるし、目が痛くなることもないし、快適だからと長時間にわたって装着していると知らない間に目の負担が増えてしまいますのでこれも気をつけましょう。

コンタクトレンズにはたくさんの種類があります。ショップの店頭にも、通販サイトでもさまざまなメーカーからいろいろな種類のコンタクトレンズが出ていますので、初めてコンタクトレンズを購入する場合は、悩むでしょう。ネットの口コミサイトなどを参考にして、自分のライフスタイルや好みにあったものを選びましょう。ライフスタイルに合わせたほうがいい理由は、コンタクトレンズは種類によって、素材も違いますし、コンタクトレンズを目につける役割をする涙の量やアレルギーによって向いているものとそうでないものがありますので、自分の目についての情報を得ることも必要です。初めてコンタクトレンズを購入する場合は、眼科の医師の処方が必要になります。眼圧や、目のカーブなどを調べてもらって、希望するコンタクトレンズが目に合っているかそうでないかを確認して、問題がないようであれば処方してくれます。

ハードコンタクトレンズは、酸素の透過性も高いので、角膜に酸素がいきやすく、乾燥にも強いので目の負担が比較的少ないので涙の量が少ない方にはむいています。そして、レンズが固いので、目に入れると異物感を覚えるので、慣れるまで時間がかかる人も多いです。そして乱視でも矯正が可能なのがハードコンタクトレンズなのです。そして、角膜に傷がついたり、炎症がおこったりすると痛みなどの症状が出やすいので、コンタクトレンズをはめている時に異常が起こった場合、すぐに発見することができます。しかし、レンズ自体、硬いのとソフトレンズに比べて大きさも一回り小さいので、スポーツをしているときに強い衝撃をうけるとはずれてしまうこともあるので注意が必要です。

カラーコンタクトレンズもお買い求めいただけます

ソフトコンタクトレンズは、素材が柔らく、装着しても違和感が少ないので、初めての方でもつけやすいでしょう。ハードコンタクトレンズよりもサイズが大きく、角膜をすっぽり覆うぐらいの大きさなので、スポーツをしているときでも安定感があって、よほどのことがない限りはずれることはありません。しかし、角膜をすっぽり覆うサイズなので、レンズが角膜にぴったりとくっついていることから、角膜にじゅうぶんな酸素が行き届かなくなることもありますので、目薬をするなどして、角膜に負担がかからないようにサポートすることが必要です。

酸素透過性においてはハードコンタクトレンズよりも低いのです。そのために角膜が酸素不足を起こしやすくなるのです。つけているときの違和感が少ないために、ついつい長時間にわたって装着したままになってしまうということも起こりうるので、少しでも目が乾いたなと感じたら、目薬をしたり、一度はずしたりするなどしましょう。長く快適にコンタクトレンズをつけていたいのであれば、コンタクトレンズも目も角膜もどれも大切に扱うことが大事です。角膜がダメージを受けてしまうと、完治するまではコンタクトレンズはつけることができません。ドクターストップがかかってしまいます。コンタクトレンズが汚れている状態で目にいれると同じように角膜にダメージを与えることがあるので気をつけましょう。