メインイメージ画像

初めてのコンタクトレンズにはソフトレンズを選びましょう

コンタクトレンズの代表的なものとなりつつあるのが、ソフトレンズと呼ばれるタイプです。ソフトレンズは柔らかい形で作られており、目にフィットしやすいように作られています。コンタクトレンズ乃中でも主流となるようなタイプになっていますが、その反面利用する際の注意点が多くなっているので、利用する場合はしっかりと考えてください。間違った使い方をしてしまうと、コンタクトレンズの良さを生かすことが出来無くなり、ソフトレンズの問題点に直面します。

このタイプは元々水分を多く含んでいることが多く、酸素を入れるための部分が作られていません。この水分を最後まで利用するような形で付けていくこととなり、水分が不足してくると痛みを感じたりすることがあります。そのためコンタクトレンズの中でも、状態を気にしてしまいがちとなるので気を付けなければなりません。あまりいい状態ではないことが分かっているなら、速やかにコンタクトレンズを外す等して対応したり、専用の目薬を利用して水分を補給することとなります。

またコンタクトレンズの中でも大きく作られているタイプとなっており、全体的に覆いやすいようにしています。そしてずれないように作られているのが一番の特徴となっており、コンタクトレンズがずれて嫌な感じを受けにくくなります。ハードレンズよりもずれにくくなっているので、コンタクトレンズを購入する際、最初に考えるのがソフトレンズとなります。スポーツをする人は、基本的にソフトレンズを採用していることが多く、ハードレンズよりも動かないようにしているのです。